FXはテクニカル分析のみで勝てるのか?検証

今回のテーマは

FXはテクニカル分析のみで勝てるのか?検証していきたいと思います。

FXは本当にテクニカル分析のみで勝てる!?

ご存知の通り私自身も普段はバイナリーオプションのトレード、FXのトレード、FX自動売買システムを使用して生計を立てています。

FXのトレードをする時、テクニカル分析だけをしていても負けてばかり、

「テクニカル分析だけで本当に勝てるの?」

「テクニカル分析するとなぜか勝てなくなる…」

などの相談をコンサルをしてる生徒さんからよく聞きます。

早速ですが最初に結論から言ってしまうと、テクニカル分析のみでFXのトレードで勝つことは十分に可能だと思います。もっと言うとテクニカル分析をしない限りは絶対にFXのトレードで勝てないと私は考えています。

テクニカル分析とは何か?

今回はなぜテクニカル分析のみで勝てるのか?
そこを検証したので書いていきたいと思います。

先程もお伝えしましたが、
結論から言ってしまうとテクニカル分析のみで勝つことは十分出来ます。

テクニカル分析とは、単純にFXのチャートを見て行う分析手の法です。
チャートを使って分析していると言うことは、全てのFXのトレーダーがテクニカル分析を使って勝っているということになりますね。

言ってしまえば私からするとFXのトレーダーがテクニカル分析を使っていないというのが正直あり得ないとも思っています。
実はテクニカル分析は1つだけでなく大きく3つの分析手法があるのです。

プライスアクション
•ホリゾンタル、チャネル、トレンドライン
•インジケーター

テクニカル分析の手法は上記の大きく3つに分けられます。

良くFXのトレーダーなどが言う、移動平均やボリンジャーバンドなどの手法はインジケーターを使ったテクニカル分析の手法の1つです。

FXのテクニカル分析は実は1つの根拠でしかない

FXのテクニカル分析には、実は他にも沢山の種類があり、すべてをきちんと正確に使いこなしてトレードをすることは、ほぼ不可能ではないかと思います。

それは1つの手法を、2つの手法を使用する時にチャートに表示できるラインの本数だったり、チャート上に複数表示させても邪魔になるのでほぼほぼ不可能だと思います。

テクニカル指標のシグナルは1つの根拠としては一考の価値はありますが、それ1つだけで絶対に確実に勝てるのか?と言われればそれは正直分かりません。

あくまでもテクニカル指標のシグナルは根拠でしかないですし、
最終的には、自分の目で実際に見て、経験、知識を更に踏まえた上で自分の持っている独自の感覚でトレードをしていく必要があります。

ファンダメンタルズは頭に入れておく程度

テクニカル分析トレーダーでもファンダメンタルズ分析は重要です。

FXのトレードをしている時は、たまに大きくテクニカルでは予想外な相場の急変動がありますよね?

このような急変動は、知らないととても危険ですが、このような予測不可能な変動にもしなった時、知っていれば予め、何らかの対策を練って安全にトレードすることで利益をきちんと得ることも可能です。

そのためにファンダメンタルズが必然的に必要になってきます。
ですが、テクニカル分析同様に1つの根拠として考えるようにしましょう。

ですが、正直ファンダメンタルズだけににかけてしまうのも大変危険なことです。
まずは、主要な指標や要人発言で相場がどのように反応するのか分析することから始めていくのが1番良いかと思います。

このブログを見て下さってる皆さまがどのようなビジネスをするのかは自由ですが1つ言えるのが確実に既に結果が出ているものをやってみる!のが1番だと断言します。。。

そこでいつもブログの最後にもご紹介させて頂いているFX自動売買無料モニター募集中!です。良かったらそちらのブログも読んでみて下さいね!

未経験者でも関係無し!2019年最新!月利35%の実績!FX自動売買ツールの無料モニター募集中!

FX経験者、未経験者など一切関係ありません。
このブログを見た多くの方が実際に運用してくださっています!

毎回ブログの最後にもご紹介させて頂いてますが私自身も引き続き下記のFX自動売買で運用させて頂いております

そして募集と同時に大変多くの方からお問い合わせ、そして実際に運用されている方も多くいますね!

なんと月利35%あり資金ショートしたことが今までにありません。現在、無料モニターとして0円で誰でも参加できるみたいなので少しでも気になった方は是非読んでみて下さい

⇒【月利35%の実績】FX自動売買ツールの無料モニター募集はこちら!

私Fujikawaがしている事を
まとめていますので
下記の⬇画像をクリックして下さい( ^ω^ )

このブログを見て下さってる方が
少しでも楽しんで頂けて
参考になって頂けると幸いです。