FXのチャート【赤】【青】とは何か?

今回のテーマは

FXのチャート【赤】【青】とは何か?

について説明していきます

FXのローソク足【赤】【青】まずはローソク足から学ぼう!

では、初めに、ローソク足の見方、意味から見ていきましょう!

上記の画像を見てください。

赤い線は「ようせん 陽線 」と呼び、相場が上がったことを意味しています。
青い線は「いんせん 陰線」と呼び、相場が下がったことを意味しています。

真ん中にある四角の部分はローソク足の「実体」と呼びます。

さらに、まだ名称はあります!

上下に棒みたいに出ているのが「ヒゲ」といって「高値」とか「安値」を示しています。もっと簡単に言うと、足跡と思ってください。
1番高い位置まで行った足跡。1番低い位置まで行った足跡なのです。

FXのチャート【高値】【安値】とは何か?

ではここで疑問!?
高値、安値ってなんのこと?

と思う方もかなり多いかもしれません。
今回はローソク足についての情報を全て説明していきたいと思います。

実はこんなシンプルな見た目のローソク足ですが4つもの情報があります。

ローソク足が意味する4つの意味とは何か?

では、早速ローソク足が意味する4つの意味とは?

・「始値 読み方:はじめね」…取引が開始されて一番始めに約定した値段の事。5分足なら5分の間で、日足なら一日の間で一番最初に約定した値段を始値という。終値の反対。

・「終値 読み方:おわりね」…取引が開始されて一番最後に約定した値段の事。5分足なら5分の間で、日足なら一日の間で一番最後に約定した値段を終値という。始値の反対。

・「高値 読み方:たかね」…5分足なら5分の間で、日足なら一日の間で一番高い値段で買われた値の事。安値の反対。

・「安値 読み方:やすね」…5分足なら5分の間で、日足なら一日の間で一番安い値段で買われた値の事。高値の反対。

そう!本当にそのままシンプルなのです。
漢字で書かれている意味のままですよ。

ローソク足について【赤】【青】以外のそれぞれの特徴とは?

もちろん常識的に分かるとは思いますが
「上昇継続」のローソク足ができても必ず上昇し続けるということは絶対にありえません。

上記で説明した特徴にも書きましたが、実は転換期を知らせてくれるサインもあったのです。

下記の画像をご確認ください

上記で2つ画像で特徴を出したが、ローソク足の特徴を全て覚える必要は正直無いかと思います。

あとは、経験とその場その場のチャートの動き方を見て、上記に説明した特徴を参考にしながらFX取引をすれば全く問題無いかと思います!

もちろんご存知かとは思いますが
FXもバイナリーオプションも
100%勝てるやり方なんか絶対にありえませんから!

今回はFXのチャート【赤】【青】とは何か?
と言うテーマと一緒にローソク足について詳しく説明しました。
まだFX自体未経験者でも分かりやすいように画像などもうまく使って説明してみました。皆さんのFX取引、コレからのトレードに少しでも役に立てれば幸いです。

このブログを見て下さってる皆さまがどのようなビジネスをするのかは自由ですが1つ言えるのが確実に既に結果が出ているものをやってみる!のが1番だと断言します。。。

そこでいつもブログの最後にもご紹介させて頂いているFX自動売買無料モニター募集中!です。良かったらそちらのブログも読んでみて下さいね!

未経験者でも関係無し!2019年最新!月利35%の実績!FX自動売買ツールの無料モニター募集中!

FX経験者、未経験者など一切関係ありません。
このブログを見た多くの方が実際に運用してくださっています!

毎回ブログの最後にもご紹介させて頂いてますが私自身も引き続き下記のFX自動売買で運用させて頂いております

そして募集と同時に大変多くの方からお問い合わせ、そして実際に運用されている方も多くいますね!

なんと月利35%あり資金ショートしたことが今までにありません。現在、無料モニターとして0円で誰でも参加できるみたいなので少しでも気になった方は是非読んでみて下さい

⇒【月利35%の実績】FX自動売買ツールの無料モニター募集はこちら!

私Fujikawaがしている事を
まとめていますので
下記の⬇画像をクリックして下さい( ^ω^ )

このブログを見て下さってる方が
少しでも楽しんで頂けて
参考になって頂けると幸いです。